スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧れのRIMOWAを購入しました

Category : アイテム
ずっと憧れていたキャリーバッグを買いました。
RIMOWAビジネストロリーです。

DSCN1787.jpg


正規品だととても高いので、並行輸入品をネット購入です。
憧れの品、今日届いたんですが、実は少し残念なことが。。。
RIMOWAは、基本的なデザインが変わることはないのですが、小さな部分の小変更が常に行われることで有名。

ネット販売店では、写真とデザインが異なることがある、と注意書きがあり、
それに納得のうえで購入せざるを得ません。

ある程度、覚悟はしていたのですが。
やっぱり、届いたのは、ちょっと期待していたのとちがったんですよね・・・残念。


まあ、細かいことには気にせず、使い倒すことにしようか。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 ← ランキングに参加中。よろしければ、こちらをクリックお願いします!

人気ブログランキングへ ← 併せて、こちらもポチッとお願いします!!
スポンサーサイト

レザイン Classic Floor Drive Pump購入! その使い勝手は・・・②

Category : アイテム
さて、昨日に続いてレザインのフロアポンプの使い勝手の感想を。
DSCN1733.jpg


いろいろな評判にもあるように、ポンプの動きはスムーズ。
握りも持ちやすく、力が入れやすい。(私のPistaは、ここが弱点。現在のPistaは使いやすそう)
エアがグングン、タイヤに入っていきます。

ただ、イマイチ使いにくいと感じるのが、ホース先端のバルブ部分。
これまでヒラメを使っていたので、それと比べると非常にヤワなパーツです。

DSCN1739.jpg
AIR BLEED SYSTEMと呼ばれるこのパーツ。
2012年モデルから採用されているそうです。

バルブに差し込むだけで空気が入れられるのですが、保持がイマイチで、空気圧が高まってくると外れてしまう。
私の使い方が悪いのかもしれないですが、どうもしっくりこない。
チューブバルブに接する黒い部分は、完全にプラスチッキーで、使っているうちにすぐ壊れそう。

レザインの場合、パーツ交換は困難なのかなぁ?

細かいですが、意外とよかったのがこれ。
DSCN1740.jpg

ポンプ底部に4点、ゴムが付いています。
マンションの部屋で使う私には、床のキズ付きを防止して、音も気にならずいい感じです。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 ← ランキングに参加中。よろしければ、こちらをクリックお願いします!

人気ブログランキングへ ← 併せて、こちらもポチッとお願いします!!

レザイン Classic Floor Drive Pump購入! その使い勝手は・・・①

Category : アイテム
これまで15年以上にわたって、私はこのポンプを使ってきました。
DSCN1735.jpg
SILCA ピスタポンプです。
今でも定番中の定番ですね。

修理部品がそろっていて、構造も簡単。
私もピストンのパッキンを交換しながら使ってきたのですが、そのパッキンを留めるプラスチック部品が割れてしまいました。
おそらくその交換パーツもあるんでしょうが、Wiggleその他のサイトで見つからず…。


新しいポンプを購入することにしました。
DSCN1733.jpg
購入したのが、これ!
レザイン Classic Floor Drive Pumpです。
白と黒があるのですが、黒を選択しました。
やはり、非常に評判の高いモデルで、Silca Pistaよりも細部の作りもきれいです(価格もそれだけ違います)。

DSCN1734.jpg


さて、その使い勝手…。
これは、明日に書いてみたいと思います。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 ← ランキングに参加中。よろしければ、こちらをクリックお願いします!

人気ブログランキングへ ← 併せて、こちらもポチッとお願いします!!

【要注意!】 Wiggleが安いとは限らない

Category : アイテム
いろいろなブログでも散見され、多くのサイクリストが利用している〝Wiggle”。
今さら私が説明するまでもありませんが、サイクル用品を中心にさまざまな商品を扱っているイギリスのネット販売店です。

私もこれまでに、ホイール、サドル、ハンドル、ウェアと、さまざまな商品を購入してきました。
どれくらいの商品を購入したか、いくらくらい使ったか、もうまったく分かりません。
魅力はやはり、その「安さ」。
安さ以外にも、魅力は満載。日本語表示が可能。価格も日本円表示が可能。
一定額以上の購入で、送料無料。。。などなど
それにしてもやっぱり、最大の魅力はその安さですね。

特に金額の高いホイールを購入した際には、その安さを実感しました。
日本のショップで買うより、半額くらいのイメージでした。

それに最近では、この円高。海外からの輸入には、絶対的に有利に働くはず。



以前にも書いたことがあるように思いますが、フロアポンプを買おうかな、と考えている今日この頃。

レザインのクラシック・フロアポンプを買おうかと考えていました。
lezyne-classic-floor-drive-2012-med.jpg

Wiggleなら絶対安いという思い込みで、どこのサイトも比較することなく、もう少しで「購入」ボタンをクリックしかけていた。
でも、ふと「Wiggleは日本で買うよりどれくらい安いのかな」ということを調べようと思って、楽天を覗いてみたところ・・・


楽天の方が安いじゃないですか。

2012年6月18日現在の価格。
Wiggle 5,904円。楽天最安 5,292円

Wiggleの場合、6,750円以上購入で送料無料。楽天最安店の場合、1万円以上購入しないと送料無料になりませんが、Wiggleの場合 関税がかかる可能性もあります。

高い買い物ではないので、誤差もわずかですが、Wiggle万全という考え方は改めたいと思います。


***************************************************************************

と、ここまで書いて、もう一度Wiggleサイトを覗いてみた。

そしたら、やってるじゃないですか。「上乗せ15%OFF」。
やっぱりWiggleが安い!?


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 ← ランキングに参加中。よろしければ、こちらをクリックお願いします!

人気ブログランキングへ ← 併せて、こちらもポチッとお願いします!!

フロアポンプのおすすめは?

Category : アイテム
こちらのフロアポンプ。

私が新入社員のころ、マウンテンバイクを始めたときショップの店長から薦められて購入したシリカです。
DSCN1517.jpg

おそらく16,7年使ってきたと思います。
表面の塗装がはげたりしています。

一度 内部のパッキンも自分で交換しましたし、バルブもおかしくなったので、ヒラメにも交換しています。
シリカはこのように、自分でパーツを交換しながら、半永久的に使えるっていいますね。
ところが、私のパッキン交換の仕方が悪かったのか、今ひとつ空気を入れるときの感触が良くないのと、
それに、このハンドルの形がどうしても握りにくく、もうひとつ使い勝手がよくありません。

一度、会社のチームメンバーが持っていたポンプ(メーカーは忘れました)を借りたとき、
そのスムーズかつ確実に空気が入っていく感触を実感し、感動したのを覚えています。
このシリカはセカンドポンプとして置いておき、新しいものを購入してもよいかな、と考えています。


みなさん、おすすめフロアポンプって、ありますでしょうか?
スムーズに、かつ確実に空気が入って、使いやすい逸品。
特に携帯性などは求めていません。

使ったことはありませんが、ブランドなどから候補に考えているのは、以下のような2点です。

ひとつは、シリカ PISTA
silca-track-pumps-med.jpg

もうひとつは、Lezyne Alloy Floor Drive ABS Track Pump
もうひとつ上のグレードもレザインにはあるようですが、そこまでのものは不要だと思っています。
lezyne-alloy-dirt-floor-2012-med.jpg

レザインはシリカのように、小さなパーツを自分で交換して使い続けるということが難しいとのブログ記事をよく見かけますが、実際いかがなものなのでしょう?

上にあげたブランド以外も含めオススメあれば、ぜひ教えてください!


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 ← ランキングに参加中。よろしければ、こちらをクリックお願いします!

人気ブログランキングへ ← 併せて、こちらもポチッとお願いします!!
プロフィール

にし

Author:にし
体力には自信がないながら、ちょっとでも走って体力維持しようと思っています。
2009年に関西から東京に転勤になり、単身赴任中。千葉県在住。
関東でも自転車仲間ができ、楽しく走っています。
走行記録と、パーツ交換日記を中心に、アップしていきます。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。