スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wggleで購入したチネリ Neo Morpheハンドルバーを眺めてみる

Category : ハンドル
先日、注文から5ヶ月かかってようやく入手した、チネリ Neo Morpheハンドルバー。
開梱して、ひとまず眺め回してみました。

軽すぎて「入ってないんじゃないか」という印象を持った箱ですが、ちゃんと入っていました。
P1000875.jpg
無料サンプルとして、スポーツ飲料の粉末が入っています。

長い時間がかかりましたが、ようやくご対面。
P1000876.jpg

P1000907.jpg
Neo Morpheの最大の特徴ですが、とても複雑な形状をしています。
カーボンだから出来る成型です。細部を見ていくと…

P1000897.jpg
ステム・ブラケットと接するところは、つや消しで滑りにくい処理がされています。

P1000898.jpg

"Palm Zone" 上部位置も幅広く成型されていて、手を乗せやすそうです。
P1000903.jpg

"Power Zone" 上り坂などで握って力が入れやすい形状のはず。
実際にどんな感じになるかは、実際に装着してみないと分かりません。
P1000905.jpg

"3 Fingers Zone" この窪みがどんな効果をもたらすかも、使ってみないと分かりませんね。
この窪みにうまく合うようにバーテープを巻くのが難しいとも言われています。
P1000908.jpg

"Reverse Grip Zone" 私は下ハンで走ることは少ないのですが、握りやすくなるんでしょうか。
期待します。
P1000910.jpg

さあ、時間を見て、自分で交換作業をしてみたいと思います。
ブレーキワイヤーがハンドル内を通るようになっているので、ワイヤーも外して調整しなおさないといけないです。

まだ作業手順を理解していないのですが、やはりブレーキの方からワイヤーを外して、
ハンドル内にワイヤーを通さないといけないんでしょうね?
ポンと付け替えられるわけではないので、ちょっと億劫です。

特殊形状なので、バーテープをどのように巻くかも悩みどころです。
また、表面のキズ対策として、透明シートを貼っておられるブログも見た覚えがあります。
実際に使用している人のブログを参考にしながら、セットアップしていきます。
まだいつになるか分かりませんが、交換作業をアップデートしていきます。

ところで、このNeo Morphe。Designed in Italyとプリントされていますが、Mede in Chinaです。
Designed in Italyは本体にプリントされていますが、Made in Chinaはなぜか
シールで簡単に貼られているだけです。すぐに剥がせるように??


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 ← ランキングに参加中。よろしければ、こちらをクリックお願いします!

人気ブログランキングへ ← 併せて、こちらもポチッとお願いします!!
スポンサーサイト

Comment

スポーツ飲料のサンプルが入っていたんですね。良かったですね。こちらの荷物には入っていませんでした。
バーテープの色は何にするんですか?シルバーも良さそうですね。

No title

確かにシルバーのバーテープ、合いそうですね。
白のバーテープのストックがあるのですが・・・
非公開コメント

プロフィール

にし

Author:にし
体力には自信がないながら、ちょっとでも走って体力維持しようと思っています。
2009年に関西から東京に転勤になり、単身赴任中。千葉県在住。
関東でも自転車仲間ができ、楽しく走っています。
走行記録と、パーツ交換日記を中心に、アップしていきます。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。