スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クランクの長さ・・・5mmの差は大きい

Category : パーツ
ロードバイクにとって、各部の数mmのちがいが乗り味に大きく影響するというのは、よく言われること。

フレームサイズ、サドルの高さ、ステムの長さ、ハンドルの高さ・・・
ハンドルの形状もリーチに影響して、姿勢に影響を与えます。
あらゆる箇所のサイズの違いで、乗り味が変わります。

先日、鈴鹿8時間エンデューロに出場した際は、会社の先輩のバイクを借りました。
IMG_1700_20110529105953.jpg

体格としては、私より一回り大きい先輩が乗っていたバイクは、やはり若干大きめでした。
サドルの高さを調整すれば、乗ることに特に問題はありませんでした。
ステムは、私のバイクが90mmなのに対し、110mm。やはりリーチがかなり遠い印象はあったものの、
レースでの走行には、それほど影響は感じませんでした。

ところが、走行への大きかったのが、クランクの長さです。
DSCN1150.jpg

私のバイクのクランク長は170mm。日本で最も標準的な長さです。
借りたバイクのクランク長は175mm。たった5mmの差です。

ところが、またがって走った瞬間に違和感を感じます。
いつもより大きく脚を引き上げないといけない印象なのです。
実際には5mm膝を引き上げてるだけなのでしょうが、数cm引き上げているような感覚があります。

そして、直線でスピードが上がってくると、更なる影響が。。。
上下5mmずつの違いが影響して、ペダルがスムーズに回せないんです。
ケイデンスを上げて走ると、お尻が上下に動いてしまうような感じになって、
ピョコピョコしてしまいました。
レースで走っているうちに、回し方も馴染んでくるかと思っていましたが、結局レースが終わるまで、
解決することはありませんでした。

ステムの2cmの差よりも大きかった、クランク長の5mmの差。
長距離を楽しみながら走るためには、自分に合ったパーツを選択し、各部の長さの調整もシビアに、
自分のバイクの調整はしっかりやりたいですね。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 ← ランキングに参加中。よろしければ、こちらをクリックお願いします!

人気ブログランキングへ ← 併せて、こちらもポチッとお願いします!!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

にし

Author:にし
体力には自信がないながら、ちょっとでも走って体力維持しようと思っています。
2009年に関西から東京に転勤になり、単身赴任中。千葉県在住。
関東でも自転車仲間ができ、楽しく走っています。
走行記録と、パーツ交換日記を中心に、アップしていきます。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。